本文へスキップ

ビジネスと心のバランス ESG SDGs

HOME>経済の変革>ビジネスと心のバランス ESG SDGs

ビジネスと経済 

5.ビジネスと心:ESG、SDGs

これは一番重要なことです。

過去、マルクスの時代であるとか旧ソビエト連邦や冷戦の時代は国家やイデオロギーというものが非常にクローズアップされ、経済やビジネスで言えば、社会主義経済とであるとか資本主義経済という枠組みで語られることが多かったです。

しかし、今後、そういった大きい枠組みによって、また例えば、政治体制や中央銀行の努力によって新しい時代の経済を生み出されることはもはや無いと思います。「大きな物語は終わった」と思います。これは、私の意見ですが、多分そうだろうと思います。

これからのビジネスや経済というものは、民間が主導で、新しい形を構築していくと思います。政府が主導で経済を構築する時代は終わった、そのように思います。それぞれの活動主体がそれぞれの分野の未来のビジョンを描き、その総体によって、未来社会が形成されていくと思います。

従って、民間のそれぞれの活動によって、個々の活動によって、総合して未来社会が構成されていくわけですが、やはり統一理念というものが必要であると思います。バラバラに活動していくのではなく、統一理念の元活動を行っていくことが望まれると思います。

そのための指針がESGの考え方であり、SDGsの考え方ということになろうと思います。そして、私は、その根底には心の変革というものがあるように思えます。これは、私がコンサルティングを行っていく過程で確信したものです。













Taigen Ogura Philosophy Labo

【お問合せ】
E-mail: mtws.office@gmail.com