本文へスキップ

哲学と知の変革

HOME>Taigen Ogura Philosophy Laboとは>Theory of Thinking

Taigen ogura philosophy laboとは 

○新時代の知の方法 〜Theory of Thinking〜

ここ数年、フェイクニュースであるとか、ポストトゥルースという言葉をよく聞くようになりました。率先して嘘のニュースを流す人々。または、真偽などどうでもよいからとにかく面白ければ良いとして情報を流す人々。または積極的に人を害そうと思い、そのようなことを行う人々。様々なる情報によって社会が犯されているのが現代の状況であると言えるでしょう。

そのような中で、我々は、情報を選び取っていかなければなりません。そして、そのためには、我々自身も、高い認識を持っていなければなりません。認識を高く持っていなければ、嘘のニュースに踊らされ、扇動されることによって、より社会は悪い方向に向かっていきます。

そのようなニュースに踊らされることなく、確固たる自分を形成し、確固たる考えを持ち、より良い社会にしていく、より良い社会に変革していく、そのような認識を持っていくことが大切でしょう。

そして、そのような考えの指針を与えるものとして、私は「哲学」があると思います。

確固たる知の土台を形成し、それをもとに政治であるとか経済であるとかビジネスであるとかの諸問題に投影していくことが必要であると思います。

デカルトは、キリスト教的価値観が崩壊した近世という時代に合って、考えのよりどころとなる確実なる土台を抽出し、それをもとにあらゆる学問を再構築する、ということを考えました。そして、理性こそが確実なる土台であり(コギトエルゴスム)、理性をもとに学問を再構築する方法を考えました。

現代も同様です。フェイクニュースであるとかポストトゥルースによって価値観が見えなくなっている時代であり、ニーチェの言うニヒリズムに陥る一歩寸前まで陥ってしまっています。そのような価値観の崩壊した時代に合って、デカルトが提示したように、新たなる価値観を提示し、それをもとに社会を再構築することが私は重要であると思います。

その価値観とは何か?それは私は真理であると思います。

真理を導出し、その真理に基づいて、社会を再構築していく方法論、それが私が言う新時代の知の方法論です。











Taigen Ogura Philosophy Labo

【お問合せ】
E-mail: mtws.office@gmail.com