本文へスキップ

哲学と科学

HOME>Taigen Ogura Philosophy Laboとは>哲学と科学

Taigen ogura philosophy laboとは 

○新たな地球世紀の到来 〜新時代のブループリント〜

1. 新たな地球世紀の到来

Theory of Thinkingで記載しましたように、私は、新たな時代の幕開けに向け、「真理を導出し、この真理を元に社会構造を再構築する」、そのための様々なる材料を当ホームページで記載してゆきます。

ところで、新時代とは一体どんな時代でしょうか?

新時代とは、単なる連綿と続く次の時代でなく、それは「新しい地球世紀」であります。科学、宗教、哲学、そして、ビジネス経済、あらゆるものは神の元、統合し、宇宙時代として幕が開けるのです。全ては神の元統合し、新たなる地球世紀として幕が開けるのです。

それは、日本が明治維新を成し遂げ、近代国家の仲間入りを果たしたような、フランス革命により自由と平等が成し遂げられ今日の民主主義国家の源流となったという、そういうレベルとは、また次元が異なるのです。もっと大きな変革なのです。

歴史の中で、それぞれのそういった転換点はありますが、今後起こる変革とは、地球規模の変革であり、地球の遥かなる歴史においても重要なピリオドに位置している、そのような大変革であるということです。これまでの地球とこれからの地球の世紀が変わる、まさに新たな地球世紀として幕が開けることでしょう。

現在の国際社会の極端な方向性、そして、そのような社会を変革する学問の進展度合い、つまり、哲学、科学、政治経済、宗教、その他様々な分野、それらの状況を鑑みると、それぞれが、統合に向かい新たなる次元に移行しようとしていることが肌で感じられます。一言で言えば、地球次元の価値変革です。価値が変革されることによって、地球が新たな地球世紀を迎えるということです。

私のこのホームページでは、価値変革に関して、3つの視点から記載しています。それは哲学、および科学、そして政治経済の観点です。すなわち、以下のポイントです。

    これまで          ⇒    これから   
哲学: 相対主義、真理などない        絶対主義、知と信仰の融合、神と真理
科学: 唯物的                神の世界、霊的世界観

経済: 奪い合い、競争            与えあい/分かち合い、個性

これだけを見ても、これまでの価値観とこれからの価値観が大転換を起こしていることがわかることでしょう。私は、この価値の変革に対して少しでも貢献するために、『理念の哲学』や『心の変革からの働き方変革』、『心の物理学』を書いているわけです。




2. 哲学、科学、政治経済の「現代の課題認識」と「具体的な変革のポイント」

@哲学:『理念の哲学』(三部作の1)

−現代の課題認識:
・理念が無いまま社会の活動が行われている。例えば、利益至上主義的な経済活動、政治的な外交など。

ー具体的変革ポイント:
・理念(=真理)に基づいて社会を再構築する。(知の方法論
・そのための知の本質、知と信仰の融合、真理認識、真理に基づいた知の方法論の提示。

A科学:『心の物理学』(三部作の3)

ー現代の課題認識:
・三次元で閉じた唯物的な科学、とそれによる人間の傲慢さの助長と以下の弊害。
・唯物論(三次元が全てであるとして、四次元以降の認識を無理矢理三次元に押し込んで解を与えようとする間違った態度。三次元的な認識のみで解決しようという傲慢な態度。物理主義、自然主義、心に対する無理解)。
・科学は実証性によって三次元の現象を解明し、それは自然科学として成立した。しかし、それによって人間は驕り、全ては科学によって解明可能であるとし、解明できないものは存在しないという認識から、不可解な四次元以降の事象を締め出し、一方で、三次元的に無理やり解釈しようとした。
・その問題が、心に対する物理主義、自然主義、遺伝子操作など。また、天変地異と言った事象に対する本当の原因はわからないまま。

ー具体的変革のポイント:
・三次元と四次元にまたがったトータルな世界観を持った科学、と正しい認識。
・三次元、そして四次元以降の世界にまたがったトータルな正しい世界解釈を得て、そのトータルな世界観に基づいた現実世界への回答の提示(物理主義は間違いであり正しい心の処方とは何か?例えば、鬱に対しても物質面での説明があるが、本当にそうなのか?トータルな世界観から考えた人間の生きる目的とは?遺伝子操作は霊的世界を考慮したうえで是とされるか?天変地異の原因とは?)。
・三次元(自然科学)のみならず、四次元以降の世界(霊的世界)をも科学の対象とする考えを提示。三次元と四次元にまたがったトータルな物理法則の提示。
・それによる宗教と科学の統合。
・宗教と科学の統合による「心の法則」の客観性、法則性の可視化。


B政治経済:『心の変革からの働き方変革』(三部作の2)

ー現代の課題認識:
・私はビジネスの世界に身を置いてますので、ミクロ面から、つまり、働き方という側面から社会の変革を提示します。その際に、現代的な課題は、競争主義や劣等感、コミュニケーションの劣悪さ、対人関係、顧客との関係など様々あります。実に問題は様々です。

ー具体的変革のポイント:
・私の経験から(帰納法)および哲学的な方法論から導く社会変革のビジョン(演繹法)により導く、社会変革の青写真は、Diversity Economicsになります。それは、人々が調和的な関係を構築するとともに個性を存分に発揮し、より社会が豊かになっていく姿です。
・個人個人の意識変革からの社会変革を実現する。





3. 宗教家と哲学者、宗教家と科学者の協力体制の必要性

さて、上記、結局のところ何が言いたいのかというと、「三次元の壁を乗り越えよ」ということです。これに尽きるのです。

そのために、宗教家と哲学者、宗教家と科学者の協力体制が必要になることでしょう。私はそのそれぞれに対して今後働きかけを行っていきたいと思います。

@宗教家と哲学者の協力体制 〜宗教と哲学の統合=知の変革〜

現代哲学は、実証主義、相対主義に傾き、主観と客観が原理的に一致しないから真理は存在しない、そのようは主張をするわけですが、結局これは三次元的な考えで止まっている考えなのです。この三次元を突き抜けたところに真理というものは存在し、主観と客観の一致も存在しているのです。

この三次元の壁を突き破るために、哲学者は宗教家との協力体制が必要になるでしょう。

A宗教家と科学者の協力体制 〜宗教と科学の統合〜

現代科学は三次元的な物理理論を追いかけているわけですが、今後、科学者は四次元に足を踏み入れなければなりません。

この四次元とはつまり、心の世界になりますが、心には法則性があり、この法則性と科学法則がイコールで結ばれることが将来的に理解されることでしょう。

科学者にとって心の法則については宗教家のサポートが必要になり、一方で宗教家にとって法則性は科学者のサポートが必要になります。両者の協力体制が不可欠でしょう。





4. 新時代へのブループリント(青写真)

上記内容を総合すると、私がやりたいことは以下の通りです。

科学変革を行い、科学と宗教の統合を見る。そして、その統合を哲学に還元し、哲学を再構築する。そして、哲学的な真理を導出し、両者の整合を見る。それによって、真理を確信し、それを現実世界に照らしていく。

そして、この現実世界を照らし出す、その具体例が、これが政治経済の章の社会変革です。これと同様に、それぞれの分野の専門家の方々が真理をベースに新たなる時代の社会の変革構造を提示することでしょう。

「奪い合い」から「与えあい」へと価値観は偏向し、それぞれが競争で疲弊するのではなく個性をより表現するようになるでしょう(『競争から個性へ~Diversity Economics』)。そして、経済も変革し、与えあいの個性で彩られた「ユートピア」が実現することでしょう。

全体として新たな地球の時代、「新たな地球世紀」、それを創造していくこと。

これが今の時代の社会変革であり、社会変革の青写真と言ってもいいであろうと思います。明治維新の時よりも、数段スケールが大きく、単なる政治変革ではなく地球単位のトータルな変革であるということです。









Taigen Ogura Philosophy Labo

【お問合せ】
E-mail: mtws.office@gmail.com