本文へスキップ

HOME>お問合せ

お問い合わせcontact us

団体名 : Taigen Ogura Philosophy Labo
所在地 : 東京都台東区上野5-3-6
主催者 : 小倉大玄
E-Mail : mtws.office@gmail.com


■主催:小倉大玄
一橋大学商学部卒業。
大手コンサルティング会社所属。
専門領域は、多様性/異文化マネージメント、システム運用保守、業務改革構想、ERPプロジェクトマネージメントなど。
タイ、中国など複数のグローバルプロジェクトに参画。異なる文化やバックグラウンドを持つメンバーのプロジェクトマネージメントを行い、海外との協力体制によって運用保守サービスを提供。20%以上のサービスコストのコストダウンとともに現地商慣習を熟知する海外コンサルによる現地サポートの拡充など、より高いレベルのサービスを提供。異文化の多様性(Diversity)をうまく取り入れ、一つの文化だけでは達成できない、より高い価値のサービスを提供。
デジタル社会へ向け、ビジネスプロセスのデジタル化および再構築をサポート。Society5.0、スマート社会へ向けてクライアントサポートを実施中。
コストダウン、収益性に傾きがちな業務コンサルティングにおいて、単に効率化するだけではない、人間、社会、文化(SDGs、ESG等)とのバランスの取れた望ましい変革の方向性を模索する。あるべきビジネスの方向性、その延長にある経済ビジョン、社会ビジョンを描写。
愛と平和のメッセージを伝えるアマチュアの劇団にボランティアで所属。ニューヨーク等で公演。


<ホームページ構築に寄せて>

現代の経済環境を鳥瞰すると、デジタルの時代であり、多くの企業がデジタル変革を迫られています。また、多くのスタートアップが生まれています。そして、ロボットやAIの台頭によって、ルーティンは奪われ、人間は創造性ある仕事につくべきである、そういうワークシフトができない人は淘汰されるといわれていると思います。良くも悪くも確かにそういう方向に社会は進んでいます。

その中で、日本は時代に乗り遅れ、産業は弱体化しており、それは製造業の過去の成功の呪縛から抜け出られなかったからである、と言われていると思います。それもあると思いますが、結局呪縛から抜け出られたとしても、次なる産業を生み出すことは難しかったのではないかと思います。

それは、日本人は創造性が欠如しているからです。日本の教育の欠陥でしょうが、詰込み型の回答がある問題ばかりやってきた結果、日本人は答えのない状況を生き抜く力が非常に弱い、そのように言えるのではないでしょうか?

今後の時代は、創造性の時代であると思います。

そして、私は創造性とは個性の表現そのものであると思います。つまり、新しい時代は個性の時代です。日本も、詰込み教育の呪縛から解放され、創造性を発揮し、新たなる産業を生み出していくことが必要でしょう。そして、それは各個人の個性をベースとした本当にやりたいこと、それが日本オリジナルなものとして新たなる産業を生み出す力となると思います。

そのためには、心から「これをどうしてもやりたい!」と思うことに耳を傾けることです。それが個性の表現、創造性につながることであると思います。テクニックではないです。もっと地道な、どうしても心からやりたい、素直な自分の気持ちに耳を傾ける。

私は、ビジネスの関係でいえば、多様性のマネージメント。今後日本は移民政策をとっていくと思いますが、その多様な文化がまじりあう中において、相手を理解し、より高い価値を創造していくこと、それを支援していきたいと思っています。今後、更に私がお世話になった東南アジアなどにもこういった支援を行っていければと思っています。それによって、少しでも、社会貢献に役に立てたらと思います。

また、もう少し深い部分で、私にはもうひとつ問題意識があります。考え方や知に対する問題意識です。現代はフェイクニュース、ポストトゥルースの時代であり、考えのよりどころとなる、考えの基礎となるものが必要であり、それを拠り所として政治、経済、ビジネス、社会に展開すべきではないかという問題意識です。それが新たなる時代に必要とされる知の方法であると思います。

そして、個性とは発展性をつかさどっていますが、もうひとつ調和性ですね。特に多様な人々との調和関係の構築。日本は今後移民政策にかじを切っていくと思いますが、そのような外国の人々とうまくやっていく、私自身もそれを支援したいと思いますが、それがとても大切なことであると思います。

そして、個性の発揮と多様な人種のまじりあいによって、より高みにある素晴らしい世界が創造されることでしょう。新時代とはそのような時代であると思います。

令和元年5月1日 小倉大玄


<心の原点 三部作>
1.『理念の哲学』〜哲学編〜
2.『心の変革からの働き方改革』〜ビジネス経済編〜
3.『心の物理学』〜科学編〜








Taigen Ogura Philosophy Labo

【お問合せ】
E-mail: mtws.office@gmail.com