本文へスキップ

哲学と知の変革

HOME>知の変革>現代哲学と実証主義 相対主義

哲学と宗教 

実証主義/相対主義を超えて

「知の土台に信仰心がある」

真理は知によって証明することはできません(※詳細は『理念の哲学』に記載)。
真理に到達するにはどうしても、信仰心が必要なのです。
これを私は声を大にして言いたいと思います。

これは本当に、本当に重要なポイントであると私は思います。
この一点が人々の間で本当の意味で認識されたとき、知はコペルニクス的転換を
もって変革される、それだけのインパクトがあることと思います。

1. 知の土台に信仰心がある

実証主義者は知によって全て解決可能であり証明可能であると思うのでしょうが、実際には、証明可能なものなど何一つありません。科学的でないもの、証明できないものは信じないというのですが、実際にはこの世に証明可能なものは何一つありません。

唯一、数学だけは、数学という体系の内部においては非常に信頼性があります。しかし、その数学という体系自体正しいかどうかを証明できません(ゲーテルの不完全性第二定理)。また、科学もそうです。科学は帰納法をベースに法則が確定されますが、自然界に帰納法が成り立っているかは証明ができません(自然科学の斉一性原理)。

哲学においてはカントの『純粋理性批判』が哲学史上の最高峰と言われることがあり、私も確かにそう思いますが、しかし、この『純粋理性批判』で書かれている内容も証明はできないものです。

カントは神や霊魂と言った物自体はアンチノミー(二律背反)に陥り、証明不可能と言っていますが、そもそもカントの『純粋理性批判』自体がアンチノミーの対象であるといえるでしょう。つまり、カントは人間の認識は、「時間と空間という感性の形式で事象を受け取り、悟性の形式の12のカテゴリで分析把握がなされる」と主張するのですが、これが正しいかどうかは証明ができません。

800ページ以上もの大作ですが、結局何も証明できていないのです。カントはデビットヒュームの議論(因果関係は人間の想像上の産物に過ぎない)を何も解決できていないわけです。

結局のところ、なぜ実念論(実質は存在する)と唯名論(実質は存在しない)の決着がつかないかと言うと、証明ができないのです。知の積み上げには限界があり、知だけで決着をつけることができないのです。

哲学者は、特に経験論哲学者は、なんとか知のみで決着をつけようと頑張っていたわけですが、不可能なのです。だから、何千年も同じことをやっているわけです。

相対主義についても同じことです。まず、相対主義では科学の成功を説明できません。また、相対主義者もその哲学的思考を理性によって実施しているわけですが、理性は、私の認識では、発展性という法則性をつかさどるひとつの理法です。つまり、法則です。ですから、相対主義者が理性に依拠することは、自己矛盾であると言えるでしょう。

ギリシャ時代で相対主義に傾いたかと思ったら、この21世紀という現代にまた相対主義に傾いている。そこには、また理由はあるのですが、相対主義も突き詰めると限界に突き当たるのです。

実証主義にしても、相対主義にしても、結局、知のみでは限界があり、それを超えた領域に関しては、トーマスアクィナスが言ったように、信仰心が支配しているのです。そこに到達しないと、決着をつけることができないのです。

つまり、知だけではなく、全て何かしら信じる気持ちがあることによって、確固たる形に固定されるわけです。あらゆる認識は、「事実認識+信仰心=100% 信仰心>0」の数式によって、与えられます。科学的なものは事実認識の比率が高く、宗教的なものは信仰心の比率が高い。通常は、事実であれば信頼しやすいため科学的なもの実証主義的なものに人々は惹かれるのかもしれませんが、結局認識の構成要素は同じなのです。その比率の違いだけで、両者上記公式に収斂されます。

知の土台に信仰心がある。

知は信仰心に包含され、信仰心の元、知を行使することが大切であると思います。知によって全て証明できるとお釈迦様の掌の上の孫悟空のように傲慢になるのでなく、謙虚に信仰心を持って知を行使することが大切でしょう。

2. 認識力

さて、知の土台に信仰心があるという話をしましたが、もうひとつ非常に重要なポイントがあります。それは、認識力です。

知の土台に信仰心があると言って、何も、実証主義者が信仰心を持っていないわけではありません。実証主義者も信仰心を持っているのです。それは「目に見えるもの、証明できるものは信じられる」という信仰心、信念です。

しかし、イエスキリストも、「目に見えるものを信じるのはたやすい、目に見えないものを信じるのは勇気がいる」と言っているように、目に見えるものだけを信じる態度というのは、私は認識が高いとは思いません。

ですから、信じるということに関しても、認識のレベルというものがあるのです。私はその最高の認識がプラトンのイデアをつかむ認識であり、ヘーゲルの言う絶対知と呼ばれるものであると思います。

さて、認識力について詳細に記載していきたいと思いますが、紙面の都合も含め、この認識に関しての詳細は、認識を上げる方法も含め、私の論文『理念の哲学』に譲ることにしたいと思います。

3. 知と愛の融合

さて、次に、信仰心とは信じることであるとともに、同時に、神に対する信仰、愛を持って生きることを含みます。ですから、知の土台に信仰心がある、とは、愛を元にして知を行使しなさい、つまり、知と愛を融合しなさい、ということと同値です。

私の中では、信仰と愛が結びついているのですが、もし、「知の土台に信仰心がある」、と言われ、イメージがつきにくいようでしたら、そのように考えてみてください。すると、すーっと頭に入ってくるかもしれませんね。

愛を元にした知の行使、これが新しい時代の知の在り方であると私は思います。

愛を元にして知を行使することによって、社会の様々な問題というのが解決されていくことでしょう。
社会構造が変革され、新時代が到来することでしょう。


このホームページのビジネス経済の内容も、まさに愛と知の融合による問題解決になります。この愛と知の融合こそが、最も、最も大切なことであり、知の基礎となりうるために、この哲学および宗教の部分で、最初に基礎づけを行っているということです。

愛とは何か?愛とは、相手に対する優しさであり、利他の心であり、奉仕の心であり、無条件の信頼であり、その全てです。そして、愛と神に対する信仰の元においては、相対主義ではなく絶対主義、個性の創造ということが真実であると思います。

現代の哲学は、真理無き相対主義に流れていますが、私はそれが間違っていると主張したいと思います。真理は存在し、本来世界は絶対主義である、そう私は認識します。それを解決するカギとなるのが、これが信仰心です。

以下ポイントを記載しましょう。合わせて、私の論文『理念の哲学』も参照されるとより理解が届くと思います。











Taigen Ogura Philosophy Labo

【お問合せ】
E-mail: mtws.office@gmail.com