本文へスキップ

〜三次元と四次元を貫く物理法則、そして神と科学〜

HOME>神と科学>新たな時空理論

神と科学 

新たな時空理論 〜三次元と四次元を貫く物理法則〜宇宙を貫く法則性そのものが神〜

ここでは、時間、および空間、そして、運動ということに焦点を当てて、三次元空間および四次元空間について考えてみたいと思います。ニュートン力学では絶対時空というものが提示され、アインシュタインにおいて相対時空が提示されました。それらは三次元的な時間と空間の理論になりますが、ここで更に踏み込んで四次元空間に関する時間と空間そして、運動の理論について考えてみたいと思います。そして、三次元空間と四次元空間を統一的に、その物理法則を解明していきたいと思います。

もちろん私は物理学者ではないので、物理学的な数式を提示できるわけではありません。ここで解明するというのは、三次元と四次元を含めた時間と空間、そして運動というものがどのように行われるのかという、そのありかたですね。そのありのままの姿を白日の元にさらすということです。

例えば、時間とは一体何でしょうか?あなたは、過去現在未来は同時に存在している、という話を聞いたことがあるかもしれません。しかし、私たちのこの三次元空間において過去、現在、未来は一本の矢のように連なっているように思えます。一体、過去現在未来が同時に存在するとはどういうことかのか?単なる嘘であるのでしょうか?それとも本当に同時に存在しているのでしょうか?

また、時間は幻想である、とも言われることもあります。その意味は一体何なのでしょうか?これは一体いかなることなのか?更に、マンガではタイムマシーンなるものが描かれる場合がありますが、このような技術は将来的に可能なのでしょうか?

更に空間とは何か?我々が存在する空間とはこの三次元空間でありますが、空間には更に四次元空間なるものが存在していると言われることがあります。この四次元空間とは一体何なのか?更に、この四次元空間とあの世と言われるものが並列して語られることもありますが、あの世とは一体何なのか?よく宗教で語られるように、死んだ後の世界など本当にあるのだろうか?

更に、タイムマシーンと並び称されるテレポーテーションなる技術がありますが、空間を一瞬にして回り込んで別の場所に現れる、そのようなことが本当に可能なのでしょうか?可能であれば、一体運動はどのように行われるのか?

これらは物理学を専攻していない一般の方であっても、非常に興味深い内容であると思います。私はこの『心と科学』において、これらの内容に可能な限り迫り、時間の本質、空間の本質、そして運動の本質を暴き、三次元空間と四次元空間を統合的に解釈する、そこまでやってみたいと思います。

ニュートン、アインシュタイン、そして量子論以降の時間と空間の新たな理論の構築、そして、新時代を切り開く科学技術の発明のため、これらの時空に関する解釈は大変、大変重要であると思います。






Taigen Ogura Philosophy Labo

【お問合せ】
E-mail: mtws.office@gmail.com