本文へスキップ

哲学と知の変革

HOME>知の変革>主観と客観の一致

哲学と宗教 

主観と客観の一致について

上記、哲学における重要な論点である真理は存在するか?ということにこたえる内容でもあるのですが、哲学にはもう一つ非常に重要な議論があります。それは、主観と客観の一致の問題です。

哲学をあまりよく知らない方はなんのことやら?という感じでしょうが、主観と客観の一致は、大変重要な問題です。要は、「人間は正しい認識が可能なのか?」ということです。

私たちが見ているこの風景は本当に現実のものなのか?私たちが認識しているニーチェの解釈は本当にニーチェが意図しているものであるのか?要は、私たちが考える解釈と実際の客体の姿は一致しているのか?という問題ですね。

これは、デカルト、カント、ヘーゲル、ニーチェ、フッサールと至る哲学史の過程において、現在のところ、「原理的に不可能である」というのが、一般的な解釈ではないでしょうか?

しかし、主観と客観の一致が原理的に不可能であれば、我々の正しい認識は不可能で、全て相対的になり、人それぞれということになってしまいます。その極端な姿が、正義や善ですらも相対化する動きですが、我々の世界はそんなに不安定なものなのでしょうか?

いいえ、私は違うと思います。

私は、「主観と客観の一致は可能である」、そう断言したいと思います。それは、フッサールの言うように第三者の視点でチェックするというようなやり方ではなく、これは、哲学の範囲を超える、私はそう認識しています。宗教的な領域に入っていくことで主観と客観の一致は可能になると私は認識しています。それを『理念の哲学』において詳述したいと思います。

結局、知のみでは限界があり、知の領域を、知の壁を突き抜けて宗教的な領域に入っていかなければ決着をつけることはできない、私はそう思います。

カントは知と宗教を分断したわけですが、今後、「知と宗教は統合に向かう」、私はそう思います。

ソクラテスの時代には、ソフィストという相対主義者によって知というものが侵食されていたわけですが、そこにおいてソクラテスが無知の知によって相対主義を退け、ついでプラトンが絶対的なる価値観を提示していきました。

現代も、ソクラテスの時と同様、相対主義者によって、知が侵食されている時代です。ここにおいて、私は、絶対的なる価値観を提示し、ソクラテスの時と同様に、新たなる知の在り方を打ち立てる必要があると思うのです。現代は、そのような時代ピリオドに位置している、私はそう認識しています。

この辺のことは、詳細は『理念の哲学』で詳しく記載することにしましょう。内容的には、西田幾多郎の純粋経験に近い形であると思います。(「唯物論を超え真理へ ~新たな地球世紀の到来~」等もご参照ください)













Taigen Ogura Philosophy Labo

【お問合せ】
E-mail: mtws.office@gmail.com