宗教
正しい宗教とは何か?⑤常識に照らし合わせて異常な教えではないか?

正しい宗教の条件の4つ目です。 常識に照らし合わせて間違っていないかです。 ・過度のお布施を要求する。それによって、家計が破綻するなどもってのほかです。 ・辞めようとすると「地獄に落ちるぞ」と脅しをかける。 ・自分自身の […]

続きを読む
宗教
正しい宗教とは何か?④考えることが禁止されていないか?

正しい宗教の条件の3つ目です。考えることが禁止されていないか。これもまた重要でしょう。 考えることが禁止されていないかというのは、例えば、他の宗教の教義を見てはいけないとか、テレビ番組もこういうチャンネルしか見てはならな […]

続きを読む
宗教
正しい宗教とは何か?③論理性があるか?

正しい宗教の2つ目の基準は論理性があるか、ということです。 例えば、高価な壺を買えば苦しんでいる先祖のカルマが消える、などというような新興宗教があるようですが、それは一体どういうことでしょうか?仮に先祖が本当に苦しんでい […]

続きを読む
宗教
正しい宗教とは何か?②心の教えを説いているか?

正しい宗教の条件の第一点目は心の教えを説いているかどうかです。 結局、自分自身の幸不幸の原因は自らの心のあり方にあります。 例えば、自分自身にとって都合の良いことが起こればそれは万人がうれしいでしょう。つまり、事業が成功 […]

続きを読む
宗教
正しい宗教とは何か?①正しい宗教の条件

直近、宗教に関連する事件が起こり、連日ニュースにおいては新興宗教関連の話題が報道されています。 そして、宗教2世の厳しい状況も浮き彫りとなり、ここに至って初めて、宗教団体が何をやってきたのかが明るみに出てきたであろうと思 […]

続きを読む
哲学
哲学の難問⑫哲学と宗教

結局、カントの言うように、理性的認識には限界があり、理性的認識によっては神や霊魂、真理といったものは把握できません。それらに対して主観と客観の一致を形成することはできません。 これまで哲学の歴史において、真理を発見しよう […]

続きを読む
哲学
哲学の難問⑪コペルニクス的転回

主観と客観の一致については、これまで記載してきたように、デカルト、カント、ヘーゲル、ニーチェ、フッサールとバトンが渡されてきました。実際にはヘーゲルによって解決しているのですが、このようにバトンを渡されてきたわけです。 […]

続きを読む
哲学
哲学の難問⑩やはり問題は解決されないまま

フッサールの現象学について考えてみました。 フッサールは、主観と客観の一致を確認するのではなく、主観と客観が一致している、そう人間が思い込む理由は何か?を抽出することが大切であるとしました。 これは、面白い考えなのですが […]

続きを読む
哲学
哲学の難問⑨フッサールの考え

ニーチェの認識論を概観しました。ニーチェの認識論はパースペクティビズム(遠近法主義)であり、相対主義的な立場であると言う話をしました。 一方でフッサールと言う哲学者が現れます。 フッサールは、現象学の考えを提示し、物事を […]

続きを読む
哲学
哲学の難問⑧ニーチェの主張

ドイツ観念論哲学はヘーゲルによって山の頂点を極めました。ヘーゲルは、人間の認識は上昇していき、最終的には真理に関する主観と客観の一致を得て、神を知るに至る(絶対知へと到達する)、と主張しました。 このヘーゲル哲学は、私は […]

続きを読む