哲学

哲学
唯物論対霊的価値観(8)

重力理論やブレーンワールド仮説について話をしましたが、更に摩訶不思議な理論が現代量子論の分野では提唱されています。 それが、ホログラフィック理論です。つまり、我々のこの三次元空間はどこかの光源から映し出されたホログラフィ […]

続きを読む
哲学
唯物論対霊的価値観(7)

4つの力の統合の過程で三次元的には不可思議な現象が様々発見されているという話をしました。 特に重力の研究において、そのような議論が生じています。おそらく、重力は非常に特別な力なのでしょう。重力の研究によって新たな科学の地 […]

続きを読む
哲学
唯物論対霊的価値観(6)

量子論の不可思議な現象について考えてみました。 位置と運動量の不確定性原理については、原因と結果が成り立っていないのではなく、考慮できていないXファクターが存在し、それを考慮できていないだけだという主張もあります。それが […]

続きを読む
哲学
唯物論対霊的価値観(5)

量子論の分野において三次元的には様々な不可思議な現象が報告されています。1900年代初頭から量子論は研究されてきたわけですが、その過程で説明困難な現象が様々確認されています。 例えば、以下のような現象です。 量子は同時期 […]

続きを読む
哲学
唯物論対霊的価値観(4)

唯物論打破のため科学は非常に重要な地位を負っているという話をしました。 これはどういうことでしょうか?現代はむしろ科学によって、唯物主義が推し進められているように思えます。ここに至り科学が霊的価値観を切り開くカギとなると […]

続きを読む
哲学
唯物論対霊的価値観(3)

霊的価値観に関しては客観性が必要であるという話をしました。 では、客観性とは何か?というと、私は科学になると思います。または、客観的に誰もが追認可能であるという点で、論理性や整合性、つまり、哲学と言うことになると思います […]

続きを読む
哲学
唯物論対霊的価値観(2)

実際には、霊の存在、あの世の存在の報告事例はいくつもあります。つまり、臨死体験や小さい子供が生まれる前の様子を詳細に語る姿です。このように医学的にも、また、日常においても霊の世界、あの世の世界を垣間見る事例が報告されてい […]

続きを読む
哲学
唯物論対霊的価値観(1)

現代の価値観は唯物的な価値観であると思います。19世紀、20世紀と科学が急速に発展し、科学によって解明できないことは無いとし、脳科学など心の働きを物質的な脳の働きに還元する(心とは脳であるとする)動きが21世紀の現在は主 […]

続きを読む
哲学
ニーチェ(6)現代もまた価値観の変革の時代

ニーチェの間違いがどこのあるのかを3点考えてみました。 さて、今この現代は、近世のデカルトの時代や、また近代から現代へと移り変わるニーチェの時代と同様に、価値観の喪失の時代であると思います。私はこの時代にあって、新たなる […]

続きを読む
哲学
ニーチェ(5)ニーチェの間違いについて

ニーチェの哲学について概観しました。 長い哲学史の歴史において、哲学がソクラテスから始まり、ニーチェで終わったと言う学者もいます。確かに、ソクラテスやプラトンによって哲学は始まり、ニーチェが神を抹殺し真理を否定したことに […]

続きを読む